やってきたこと・やっていること

*キヨッソーネ展*

 1998年5月5日〜10日、イタリア文化会館、大蔵省印刷局、鎌倉市等の後援を受けて鎌倉市中央公民館(現在 鎌倉生涯学習センター)に於いて開催。
 キヨッソーネは明治時代に日本に初めてお札の印刷技術を伝えた一人です。明治時代「お雇い外国人」として日本に来たイタリア人です。皆さんも一度は目にしていると思われる「西郷隆盛の肖像画」、「明治天皇の御肖像画」等彼の作品です。
 イタリアのジェノバには彼の日本に居た時収集したかなりの数の刀、兜、根付に至るまで日本の伝統的な品々が展示されているキヨッソーネ博物館があります。小高い丘の上にあり、建物に向かう小径は何となく鎌倉あるいは湘南周辺の風景に似ています。鎌倉はキヨッソーネを含むかなりの数のお雇い外国人達の別荘地でした。

*歌をください*
 イタリア歌曲、オペラアリア〜日本歌曲
 2005年9月20日鎌倉生涯学習センター
ソプラノの故市川由紀子さんの素晴らしい歌声に酔いしれた夜でした。
後援・イタリア文化会館

*イタリアーナ料理教室*
 2005年からイタリアの家庭料理を学んできましたが、2011年から2回にわたり    鎌倉雪ノ下のイタリアレストラン”IL SILENE”さんからスープ、パン、アンチョビの作り方等々教えてもらいました。大仏のフェスタで出すジャガイモの美味しいスープはSILENEさんから教わりました。
   

*ECCO!の会*
  2011年3月11日の東日本大震災の後いろんな事態に対処しつつ皆で考えた勉強会です。
ECCO!というイタリア語文法の教科書を使いながら文法を勉強しそれに加え会員一人
ひとりが交代で何かを発表する。もちろんイタリアと関連のある物を見つけます。
なかなか面白く以来続いています。
現在開講しておりません。


私たちの歩み

日伊文化交流を目的とする当会は1997年『イタリアを識る』という文化講座の講師リア・ベレッタ先生とその生徒有志によって発会しました。
当会は「鎌倉国際交流・協力団体連絡会」に参加及び「鎌倉NPOセンター運営会議」賛助会員でもあります。『イタリアを識る』という文化講座はイタリアの伝統、習慣、芸術などを総合的に理解しようというものです。
ベレッタ先生は2003年にイタリアに帰国され、現在はピアチェンツァの近くのカステル・サン・ジョバンニに住んで居られます。その後2004から2011年春までミケランジェロ・テッラコーネ先生に受け継がれ現在2011年秋よりミケーラ・カンパネール先生、ルーチャ・カラッシア・森先生に受け継がれています。教室も新しく若々しく華やかになりました。
2011年の東日本大震災以後、計画停電等教室運営に少しばかり危機を感じましたが、そんな最中「ECCO!の会」という自主勉強会も始まり、ミケーラ、ルーチャ両先生と共に勢いのある楽しいおしゃべりのできる授業となりました。
2015年ミケーラ先生がイタリアにお帰りになり現在ご主人とともにジェノヴァにお住まいです。ミケーラ先生の後、さゆね先生が
初級クラスを担当しかし昨年5月ご家庭の事情でイタリアへ帰られて現在Miho先生が来て下っています。
初級クラスをMiho先生、Lucia先生が担当され、中級クラスをLucia先生が担当されています。
両クラスともに現在最強の体制となりました。
これから先少し入門クラスを考えています。


menu

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

お問い合わせ先

事務局・miki
italianamiki@gmail.com

selected entries

archives

recent comment

  • ACCADEMIA ITALIANA di KAMAKURA
    yoko
  • ACCADEMIA ITALIANA di KAMAKURA
    osamu momose

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM